So-net無料ブログ作成

ドメインゲッターは使えない?本当のところを知りたい

オールドドメイン、期限切れドメイン、中古ドメインとは?

新規のドメイン販売サイトから購入できないのでしょうか?上記3つは同じ意味合いだと思うのですが、期限が切れているということは、新規のドメインとして取得できないのでしょうか?なぜ、中古ドメイン販売業者というものが存在しているのでしょうか?




「廃止ドメイン」は知らなかった

「廃止ドメイン」を利用する際は、気をつけておいた方がいいことはあります

例えば、自サイトに関係がある被リンクが貼られているドメインでないといけないとか。

後、「技術的な詳細は端折りますが、」まず、中古ドメイン販売業者が存在する理由ですが、
要は売れるからです。


売れるってことはつまり、ある特定分野の人にとってはそのドメイン名が何であれ需要があるわけです。

次に、新規ドメインとして取得できないか?という点ですが、

ドメインはワンアンドオンリーなので、誰かが所有していれば当然取得はできません。
「期限切れ~」というのはセールス上の商品名という解釈が適切だと思います。

ドメインの契約更新だけされているという解釈でよろしいのでしょうか?という点は、まったくそのとおりです。


この内容をまとめると、
中古ドメインの業者は将来的に売れることを確信してるからこそ更新料を払ってでも「在庫」を持つ、、となります。



で、需要ですが・・・・

事業用のドメインが第三者の手に渡った場合、ホームページは見れなく見込み収益の低下で済みますが、メールは使えなくなると信用失墜にもつながるので、事業を継続するなら業者の言い値で買い戻すしかなくなります。

これが「買戻し」の需要です。


しかし、「買戻し」の需要は中古ドメイン市場全体からすれば微々たるものなので、それを期待してドメインを在庫する商売はまず成り立ちません。


中古ドメインの需要の多くはSEO(検索エンジン対策)の材料としてです。

検索エンジンの順位判定において「ドメイン歴」は重要な意味を持っています。
技術的な詳細は端折りますが、中古ドメインを使うと本来は何年もかかる仕込みが瞬時に解決できるわけです。

仕込みというとウイスキーやワインを想像しますがドメインも同じで、経年が長いほど高い価格がつきます。(ビンテージドメインとか呼ばれたりもします)


そのドメインで直接的にサイトを運用するわけではないので「条件さえ揃っていれば名前は何でもいい」となり、結果としてSEO業界ではドメインの売買ビジネスが成り立ちます。

ちなみにその分野では「廃止ドメイン」と呼びます。


廃止ドメインビジネスは要するに小売業なので、当然ながら「仕入れ」もします。
今般ではうっかりミスの救済措置として失効後45日間は第三者による取得が制限されますが、その情報は調べることができるので「仕入れ」をする業者は常にそういう情報をチェックしています。

ほか、「あなたのサイト買います」っていうのがありますが、コンテンツの売買っていうよりドメインが欲しいわけです。

また、ウェブ制作業者のリース商品やサーバー業者のドメインセット商品は契約上でドメインの管理権限がユーザーに帰属されないケースも少なくないですが、これは客離れ抑制のほかに契約解除と同時にそういう業者に売却して金に換えるためでもあります。



まぁ、廃止ドメインビジネスはかなりダークな世界なので、一般の人が知らないのはある意味普通だと思います。。
違法じゃないですが正常な倫理感もってる人間がやるようなことじゃないのは確かです。



でところで先日から騒いいでいる ⇒ ドメインゲッター3って 使えないの?ってことなんですが、

ぶっちゃけ新規ドメインに魅力を普通に感じているなら使えないというより必要なしって事でしょう!

ですが、新規ドメインでサイトを運営するのではなく、今までもコツコツいろんなサイトを利用して オールドドメインを宝のように探しあててる感覚の持ち主でしたらこのツール 断然使えます!


何故か=それはまず第位にいろんなサイトをはしごして検証する必要がなくなるからです

第2にツールが自動でキーワードで入力したドメインを探してくるので探したドメインを瞬時その場
でゲットするまでツールで完了できるからです!

総評としてネットで上位表示を狙う人には必携のツールという事になりますね



良質なオールドドメイン 見つけるのって難しくないですか?

たしかに良質なオールドドメインは、SEOに効果的な可能性が高いですが
手動でいちいち画面に張り付いて探しているのってめんどくさいって
思ったりしません?


わたしはもかつては、画面に虫みたいに張り付いて
良質なオールドドメインを探しまくっていた時期がありました。


えっつ今はどうしてるのかって・・・


え~モチロン探してはいますが・・・張り付いては居ません だって便利なツールがあるから

張り付く必要がまったくなくなったんで




その時間報酬を上げるための時間に使えますから どんどん効率が必然的に上がり=稼ぎも上昇当然してます!

つまりお金でツールを買って



ツールにオールドドメイン(良質なヤツ)を探させ

見つけたら登録するだけ これだけでSEO効果の高いオールドドメイン見つけて

ささっとサイト作ってます。



ところで良質なオールドドメインの条件って知ってますか・・

①有効期限が直近できれていない ②しっかり運営されていた ③長く運営されている ④自然な被リンクがたくさんある(被リンクのドメイン分散もされている) ⑤ページランクが高い

この5点はしっかりと抑えていきたいところですね^^

ドメインは、ドメインレジストラという機関で管理されています。

(国内ではお名前.comやバリュードメイン等といった所が有名どころです。)

そこでドメインを取得することができます。




その情報は「whois」という公開データベースで確認できますので、自分の所有

しているドメインを試しに確認してみてください。ドメインの種類(.jpや.comの事)

によってwhoisデータベースは違いますが検索できるサイトは色々あります。




JPドメインの場合は、http://whois.jprs.jp/

その他のドメインは、http://whois.ansi.co.jp/

等で検索するとよいでしょう。

サイトの手間とは、面白い(オリジナリティのある)コンテンツを

定期的に更新することが1番となります。

ちょっと考えてみると、自分の好きなサイトやブログって、面白い(また読みたくなる

・みたくなる)コンテンツが定期的に更新されていますよね。そういったサイトは、

やはりアクセス数も多いですし、面白いからこそそのサイトを紹介してくれる外部リンクが

自然に増えるのです。もちろん外部リンクは自作自演ではなく、いろんな人が貼ってくれる

のでドメイン分散も自然とされます。




短いよりは長く運営されていたほうがGoogleから評価を受けやすいようです。

子犬はかわいいかもしれません。しかし年をとって、しっかり飼われていた犬はしつけもきちんとされ、
「噛まない」ことや「飼い主を好きでいる」など信頼感がありますよね。

ここで重要なのは、しっかり飼われていた(サイトが管理されていた)ことです。

②のように管理されず、放置されていたサイトはあまり意味がないようです。



自然な被リンクがたくさんある(被リンクのドメイン分散もされている)
これも②に繋がります。

ユーザーにとって有益でオリジナリティ溢れるコンテンツを定期的に更新しているサイトは、

いろんなサイトから紹介され、自然な被リンクが集まってきます。

いろんなサイトされる自然な被リンクは、自然とドメイン分散されています


ページランクが高い まあこれもないよりあったほうがいいぐらいに現在はgoogleも発表して
いるようにいつまでも同じじゃねえぞってとこなんでしょうけど現状pageランク効果はまだ
有るみたいです! ヤレるうちにさっさとやってしまいましょう!


まあ分かっている人にとっては

クドイ説明になってしまいましたが


言いたいことは めんどくせ^^ーポチポチはやらんでも

さっさとツールで探したらバンバン稼げるようになるって事を

伝えたいだけですので



興味ある人は購入してみてください! 








ドメインゲッター って評判どうよ!

今まではオールドドメインを探すには

自分でポチポチ検索してさがすか

それとも 販売サイトから手っとり早く購入してしまうかでした

adomein.jpg

はっきり言ってそれなりの数になってくるといちいち購入しているのって 高いって思いません?

このツールに出会ってからはそんな出費もなくなりました。

自動でバンバン見つけてきてくれるんですから

ドメインの登録費用だけでOKになりました。

しかも便利機能が・・ 

痒いところに手が届いているオールドドメイン取得ツールって事になりますね
ツールが探してきてくれたドメインをフィルター機能などを使って調べていくだけなので、
以前ほどの時間的負担はありません。


前作では、見つかったドメインを精査する時間が必要だったので、「時間をかけたから1個ぐらいは取得しようか」などと考え、本当は求めていないスペックのドメインを取得するようなことも稀にしていました(笑)
でも、今回のドメインゲッター3でしたら、見つかったドメインの精査にかかる時間も大幅に短縮できますので、焦らずにじっくり良質な中古ドメインを探していきたいと思います。


このたびは、良質なツールを開発していただき、ありがとうございます。


オールドドメインの利用は、短期~中期的なレンジでのサイト露出を目指す場合にはとても効率的です。 物販アフィリエイトやドロップシッピングなどで商品を中心にしたサイト運営されている場合や、とにかく早く検索エンジンで上位表示を目指すには捨てがたい魅力があります。

一方で、客観性を伴う分析で良質なオールドドメインを調べ、取得するには手ごわいハードルがありました。


とても面倒で、時間も手間もかかるということです。
本当は調べるのは誰かに任せたいくらいです。



これを代行してくれる優れものが発表されました。
ドメインゲッター3という、良質なドメイン発見から、細かい分析・評価を自動でやってくれます。
他の作業しながらツールが動作できるため、報告待ちで任せっぱなしという点が何より嬉しいですね。
いわゆる速い、詳しい、楽チンという三拍子揃った自動ドメイン調査ツール。
後悔しないうちにゲットしたほうがいいですね




ドメインゲッター3を、Windows7 64bit、Core i7-4770 のPCで、使ってみました。

今回、私の欲しいオールドドメインは、物販系ツールで使いたかったので、物販ズバリのキーワードでなく、運用履歴の長い、無茶をしていない感じのドメインを探せたらなあと思い、ツール起動。

設定は、簡単というか、どこかのサイトのIDとか取得の必要もなく、検索できるので楽ちんです。
検索ドメイン(GTLDの意:弊社補機)は15くらいあるのですが、よく使うドメイン(.com .net .info)などにしぼりました。
マニュアル見ると、12時間ぐらいドメインゲッター3で検索すれば、いいドメインが見つかるように書いてましたが、開始5分くらいでレコメンド(お奨めドメイン)も5、6見つかりました。

うちのパソコン環境では、パソコンも重くならないし、メモリの消費量もほとんどないので、急がないときは、長時間まわしてじっくり選べそうです。

ドメインプール取得も速攻でドメインが欲しいときにはうれしい機能です。



うれしかったのは、オールドドメイン検索しながらツール上でドメインのバックリンクの調査ができる点。
キーワードの上位表示サイトのバックリンクの調査ができるのもうれしいです。

いままで使ってきたドメイン検索ツールのうち、一番使いやすいツールでした。




私は、前作のドメインゲッター2も使用していたので、
今回の3を使用してみて、とても使いやすくなっていることが実感できました。




前作でも問題なくドメインは見つかるものの、検索するスピードであったり、
見つかったドメインを取得するかどうかを精査する作業に時間がかかるのがネックだと感じていました。

今作の3では、その点が大幅に改良され、検索するスピードもとても速くなっておりますし、
見つかったドメインの精査もしやすくなっているため、
自分が求めるスペックのドメインを非常に探しやすくなっています。

ツールが探してきてくれたドメインをフィルター機能などを使って調べていくだけなので、
以前ほどの時間的負担はありません。





asuisen1.jpg

私が推薦者として(lucyusan) として推薦しております!





Copyright © ドメインゲッター 評判  レビュー してみました All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Designed by KAETENテンプレート
デジタルカメラの特徴

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。